松子 Bahala lang!

<   2008年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧




暑い

毎日暑い。
暑い、暑い、暑い、暑い。

一日の水分摂取量は3Lです。
洗濯しただけで(手洗い)滝の汗です。
ご飯を食べても滝の汗。
粘土練ったらポタポタたれます。

外に出ようものならじりじりと肌が焼けます。
でも私、あまり焼けにくい肌のようで・・・悔しいかなあまり黒くならない。
だから、気にせず半そで、日焼け止めも顔しか塗ってません。
むしろ焼きたい。焼けるものなら焼きたい。

家では扇風機がフル稼動。
休まず働いてます。

水シャワーが気持ちいい。
朝起きて浴びて、帰って浴びないと、気持ち悪い。
そう、寝てる間も暑いんだわ。

そりゃぁ、ビールがうんめ~わけです。

冷蔵庫のビールが切れると不安です。
[PR]



by rmutts | 2008-04-27 23:49

再出発

選挙があってバランガイキャプテンが代わってから、
陶芸の作業らしい作業が出来なかった。
一からもう一度、始まった。
2畳分のスペースを確保し、道具揃え、
水道直してもらって、粘土をどこで掘ってくるのか決め・・・。
その間に陶芸にこだわることは無い、ほかのことをしていこうと構えた。
誰も進めようとしないので、自分のやっていることがばかばかしく感じた。
家を出るのも嫌だった。
はっきり言って、やきものやろうって気も無くなってた。
やきもの嫌いになりそう。重くて、苦しい。
でも、捨てきれずに、諦められずに何とか歩んできた。

諦めていたらもうもうここで陶芸に関して活動することもなかったかもしれないし、
ここにいる意味をもっと失っていたかもしれない。

今。
やっと作業ができるように。
乾季で粘土も乾き、道具も揃い始めました。
自分の心持も落ち着いて毎日とにかくここに来て作業をしようと思う。
誰もいなかろうが、何も進まなかろうが、ここの陶磁器に関わっていこうと思う。
a0088435_16574265.jpg

a0088435_16592238.jpg

a0088435_1762397.jpg


諦めなければ何かに救われますよね。
2年という期限に焦ってしまうからいけないのかな。
[PR]



by rmutts | 2008-04-26 17:44

屠畜場

家畜を殺して肉にするところです。
※心臓が弱い方は見ないほうがいいでしょう

屠畜と言う言葉を初めて知りました。
獣医隊員さるちゃんの配属先オフィス隣に屠畜場があります。
放送禁止だったりするので、日本で豚→肉になる過程を見ることは出来ない。
職業差別もあったようですが、ぬくぬくパック詰めされた肉だけを見てきた私には、「屠畜という仕事」があること自体今まで想像すら出来なかった。
でも。
これが食べるということ。
肉は初めからスライスされていません。
しっかり見なくてはと思って。
絶対こういうの見るのは弱いと思っていたけど、意外に平気でした。
それでも、やっぱり衝撃は大きく、さるちゃんが説明をしている言葉の3割くらいしか頭に入ってきません。

喉を切って大量の血を出し、飽血死させます。
この血も料理に使います(ディヌグアンというしょうがをきかせた煮込み)
作業がしやすいように豚の足は紐でくくりつけられており、
暴れると鉄の棒でガンとたたく。これが見ていて一番きつかった。
動物愛護の人とかが見たら真っ青でしょう。
ここでは動物ではなくて肉・・・・。
a0088435_4322792.jpg

a0088435_4371749.jpg

動かなくなった豚をお湯の釜に入れて、毛を剃ります。

その後、解体していきます。
a0088435_4381775.jpg

その作業は実に早い。
びっくりするほど早い。
内臓を洗う人もいて、腸に水を入れてキュキュッと絞って洗っていきます。
次から次へと解体していきます。
a0088435_4415096.jpg

こういう仕事ではあるのだけれど、ここに陰湿な雰囲気はない。、
血だらけの床の上を長靴でキュッと滑って止まったり、
めったに来ない女の訪問者の私たちにちょっかいを出してきたり。
ここの男達の仕事ぶりは実に逞しく、明るい。

そのあと、肉になった豚の追跡をしてみた。
財布すら持たず、長靴のまま、肉が載せられたKトラに乗り込む。
着いた先は。
a0088435_4534953.jpg

市場だ。
市場に着くと裸の運び屋がいて、半分になった肉を担いで2階の売り場に運ぶ。
a0088435_4554858.jpg

この姿が、なんともすごいでしょう。

運ばれた先には机があって、今度は解体屋さんが二本の包丁のみで切り分ける。
一本は骨を叩くために刃が厚いやつ、
もう一本は肉を切るために刃が薄いもの。
刃が薄いほうは何度も研ぎながら・・・シャキーン、シャキーン。
その解体ショーはマグロ解体ショーなんかよりも全然すごくて、
一切れ、一叩きに、一瞬の迷いも、一寸の狂いもない。
そしてそのスピードがめちゃくちゃ速いのだ。
切り終った際には初めて見た者なら、絶対「お見事!」と言ってしまうくらい。
a0088435_521168.jpg

そして市場にこうやって売られるのである。
a0088435_544136.jpg


日本にいたら見ることが出来ないものを見てきました。
貴重な体験です。
[PR]



by rmutts | 2008-04-26 05:13

ブコピクニック

今度は9時に集合がかかりました。
ブコ(ココナツ)をとりに行くのです。
すぐそこらへんにもたくさん生っているけれど、このうちのココ畑はとなりのバランガイです。
炎天下20分歩きます。
a0088435_21422889.jpg

お父さんやっぱりすいすい上ります。
あっという間に葉っぱの上に。
上からなたでココナツを落とします。
当たったら死んでしまうので遠くから見ます。
a0088435_21433714.jpg

なたで割ってブコジュース飲みます。
若いのを選んで採ってくれました。
若いブコは中の白い実が透明に近くて柔らかくておいしい。
a0088435_21454773.jpg

近所のおばちゃんも風呂上りについて来ました。
そんなにたくさんほお張るものでもないけど、すごい食わされました。
a0088435_2147436.jpg

最後にポーズ。
ごちそうさまです。
[PR]



by rmutts | 2008-04-23 21:50

窓際族

新しい作業場が出来るまでとりあえずバランガイホールの裏で作業しています。
a0088435_1940285.jpg

でも。
新しい作業場なんて絶対出来ないですから、
ここで最後まで作業になると思います。
追いやられた場所。窓際族みたいな気持ちです。
道具もいろいろな事情から皆無に近い状態に戻ってしまいました。

トレーニングらしきことが出来るのはいつになることやら。

今ある道具でできる作業が粘土の精製ぐらいで。
小学校も夏休みで授業無いし、
午後はまるまるバランガイホール↓で編みもののトレーニング。
a0088435_1945940.jpg

皆、編むのうまくなりました。
もくもくやってます、暑いのに。

バランガイホール(公民館みたいな感じ)にいると、いろんな人が訪ねてきます。
家が分からなくて聞きにくる宅急便やさん。
血圧はかりにくるお兄さん
a0088435_19483669.jpg

愚痴をこぼしにくるおばちゃん、
遊びついでに子どもたち、
今夜のディスコの機材を組み立てに来る人、
a0088435_19493365.jpg

老犬も。
a0088435_19504132.jpg

まさに公共の場なので、よく人が来る。
ここに作業場が移ったことは、お得です。

エドウィンさんちの作業場の場合、近所の人しか通らないですから、
ホントに1人で作業。  それはそれは、切なくて悲しかった。
やる気もどんどん失せてしまう。
でもここなら、興味がなくても来た人が作業場見て、「あーだこーだ」言ってく。
やらなかったとしても、誰かがいてたまに見ていく人がいるってだけで全然違う。
気持ち的に。
[PR]



by rmutts | 2008-04-19 19:39

トゥバ採り

a0088435_195186.jpg

このうちのお父さん、48歳。
ボクサーみたいな体つきです。 筋肉マン。
筋肉マンが腰になたを付けて歩いてゆきます。
a0088435_19512899.jpg

ブリの木にすいすい登って
a0088435_19525525.jpg

ブリの樹液を採ってきました。
この樹液はトゥバというお酒になるのです。
ココナツの木のトゥバ(赤い)のほうがポピュラーかもしれません。
ブリのトゥバ、初めて見た。  白いんだ。
採れたてをいただく。
a0088435_19545890.jpg

うん、採れたては甘い。
一日で味が全然変わってしまう飲み物なのです。
酸味がどんどん増してきて、最後はビネガーになります。
採れたてをのめるなんて、ありがたい。
筋肉マンありがとう!!

カンマティング村は道からほんの少し入っただけで気持ちが良い。
a0088435_19591329.jpg

犬も警戒心というものを忘れている。
a0088435_2011931.jpg

[PR]



by rmutts | 2008-04-18 20:02

コーヒー

そんなに大変なことじゃない。
そんなにいろんな器具を揃えなくてもできる。

熟れたコーヒーの豆を収穫して、そのまま干して乾燥させます。
あの赤い実を乾燥させるとこんな感じ。
a0088435_19233744.jpg

これコーヒーの花↓ いい匂い。
a0088435_19201850.jpg

乾燥させた実をこの杵とうすで皮を取るために軽く叩きます。
コーヒーの実は硬いのでつぶれません。
a0088435_19251870.jpg

皮や余分なゴミを取るためにざるで・・・・なんて言うかな・・・
放り投げて、手前に引く・・・・こうすると皮は軽いから自然に省けるのよ。
a0088435_19364176.jpg

その後、手で豆だけを選別します。
a0088435_19262520.jpg

今度はロースト。
この家は火をおこして料理をするうちなので、七輪に薪をくべてまさに炭焼きロースト。
鍋に穴が開いてるので注意!!笑
a0088435_192914100.jpg

a0088435_19301184.jpg

ローストし終えた豆をまた杵とうすを使って細かくなるまで叩く。
a0088435_1933322.jpg

蚊帳みたいな網で漉せばコーヒー豆のできあがり~。
コーヒーを入れるときは、お湯と豆を一緒に湯だたせて、
しばらく置いて豆が沈んだら上水?上コーヒー?をとって飲む。
a0088435_19331013.jpg


特別な道具は要らない。
ざる、杵とうす、フライパン、網・・・・
コーヒー作るのってすごく工程があって、道具も揃えるの大変そうって思ってたけど、そんな事は無い。自分のうちで飲む分にはこうやって出来たら良いね。
でも日本じゃコーヒーの木ならないわよー。
[PR]



by rmutts | 2008-04-18 19:44

魚を食らう

魚が無性に食べたくなって、いつもの市場へ。
ドマゲッティの市場は大きiので、いつもシブランの港近くの市場で買う。
こっちのほうがこじんまりとしていて落ち着く。
行きつけの八百屋は目が会うと買わざるを得ない・・・気がして魚だけの予定なのに買ってしまう。
a0088435_2092596.jpg

a0088435_2010255.jpg

ニモ。
も食べちゃうらしい、買わなかったけど。
今度買ってみようかな。
a0088435_2011790.jpg

今日の夕飯、お前は塩焼きじゃ!!

海なし埼玉県に住んでた私にとっては、
今日まで海を泳いでいた魚を食べれるなんて贅沢なこと。

日本ではグロテスクなものは自ら食べなかったのに、
魚の処理を頻繁に見るようになって、
今は自分で鱗取りから内臓処理・・・普通のことになってきた。
当たり前のことかもしれないけど私には進歩。

魚は、自分で処理をすると、残せません。

そういうことなんだ。

やっぱり食べ物を食べるってことに日本は甘い。
ぬるま湯でぬくぬくですよ。
パック詰めの魚の悲しさよ。切り身魚の悲しさよ。


a0088435_20151019.jpg

ニカとマベル。
エドウィンさんちのご近所さん。
ちなみにマベル(右)はメル友です。
超カワイイ。
[PR]



by rmutts | 2008-04-16 20:18

ターホー

「タ~ホ~」

「タ~ホ~」
a0088435_19593227.jpg

ターホー屋さん呼び止めて、「ふたつくださーい」
a0088435_2005215.jpg

これこれ~!
a0088435_2012859.jpg


豆腐の黒蜜がけ。ココのはタピオカ入りだ。
豆乳の味がすごく濃くておいしい。
フィリピンおやつにしてはさっぱり。
一杯5ペソ。
[PR]



by rmutts | 2008-04-16 20:03

今日の松子

a0088435_2039070.jpg

今日もご機嫌、松子さんは池に入り、 (ヒルに注意!)
a0088435_20395417.jpg

バケツで池の水を抜き、 (汗だく)
a0088435_2041415.jpg

ティラピアを素手で採ったのだっ! コツは頭をはさんで掴むこと!
a0088435_2042038.jpg

跳ねる魚にビビッて松子さん、腰引いとります(笑)
a0088435_2042523.jpg

泥だらけ、楽しかった。
[PR]



by rmutts | 2008-04-14 20:44

Bahala langとはフィリピンの言葉で「なるようになる」であーる。もうどんなことが起きても松子はびっくりしないぜ!
by rmutts
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

おすすめ

英語学習サイトhttp://www.iknow.co.jp/
フィリピンのニュース
http://www.t-macs.com/
ドマゲッティアウトドアhttp://www.dumagueteoutdoors.com/
一人暮らし料理に大活躍
http://cookpad.com/
大好きなケーキ屋さん
http://la-quena.com/
代々木アートスタジオ
http://www.artstudio-jp.com/


ファン

ブログジャンル

画像一覧