松子 Bahala lang!

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧




難題多くて、頭パンク

ただでさえ問題山積みなのに。
一歩進んでみたら、更に問題が見えてきた。
いや、前々から見えてたけど見ないフリをしていた問題。

簡単に言えば、組合が組合としてまだ機能していないが故の問題。

今私の行っている作業場はやきもの組合の作業場。
役場の土地から、バランガイのものに引き継がれ、公共の作業場ができた。
それまでは、陶工達はそれぞれの家で制作し、
自費で薪を買い、野焼きをして、自分で売っていた。
つまり、自分の家で、自分の費用で作ったものを、自分の範囲で売っていた。

現在、作業場が出来、複数人で作業をしている。
だから、難しい。

組合が組合として機能していないため、資本金がない。
窯で焚きたいが、焚くためのお金を用意できない。
窯が大きいので、これから
作業も薪の費用もシェアしていかなくてはいけないと思う。

それをどのように工面するのか?
組合員から、資金を集めるのか?
実際に作業していない組合員にも払わせるのか?

売り上げの配分に関して、
勤務時間まで行かなくとも勤務日数や仕事量に応じて
配分されなくてはいけないし・・・
また、次回の窯焚きのために、費用を残しておく必要がある。

そこらへんをきちんと組合の中で考えていかなくてはいけない。


作業や粘土、制作に関わる費用をシェアするという考えは今はない。
あるのかもしれないが、知らんふりしているのだと思う。

私の範囲ではないと思うし、この先のことに関わっていくため、
とても私から提案していくことは出来ません。


組合の頭ジェシーは、
その組合が波に乗っていない、つまり生産が安定していない、
つまりのつまり収入がはっきりしていない今の状況では、
子供を食っていかせられないので、他で仕事をしている。

作業場に毎日来ているエドウィンも、
お金ないから、カラムンガイの葉を毎日採って家路につくし、
薪集めに早々に帰ったりする。
最近窯の敷地内で菜園を始めた(笑)
ちなみに、菜園は私の楽しみでもある。

もう一人、ババもせっかく作った「焼く前の製品」を
ドマゲッティのやきもの工場にごっそり売ってしまったりする。
そうでもしなけりゃ、今日食えない。
作った窯に火を入れて窯の焚き具合を見ることよりも今日の飯である。


そこを責めることは出来ない。
むしろ、収入の見込みがあるわけでもないのに、
作業場に来て作業してくれている彼らに申し訳ないくらい。
そんな状況だから、勤務に関してはっきりしてるわけでもないのに、
この問題を突きつけるのも、酷だなぁと思うのである。
それに、ちょっと任せられない節もある。

ただ、私の任期は期限があり、
それまでに窯を焚かなくてはならぬ。
窯を焚いたら、製品が出来る。
その製品は、どうやって売って、どのぐらいの収入が入り、
薪の費用はいくらで、儲けがどのくらいで、
それぞれが作った製品だが、収入はどのように配分し・・・・・
そういうことを誰が管理していくのか ←これ重要

組合の問題である。
お金が絡んでくるので、これを曖昧にして進むことは怖い。
尋ねることはするが、そこから考えるのは組合の人です。



まぁ。そこまで考える前に
窯の入り口用のレンガ200個足りないし、
ダンパー用の金属板ないし、
薪はどこで調達するのか、どのくらい?
運搬用トラックも確保しなきゃ、
窯焚けないんだけどね・・



あと、私がここにいるときだけ物事が進むという状況に怒りを感じる。
それは役場もそうだし、組合もそうだし、バランガイも。
やる気ってものをさ、もっと見せておくれよ!


それからついでによぅ。

マーケティングの問題。
それなりの製品が出来る見込みができたら、
その製品をアピールしなきゃならない。
このバランガイは、国道から離れているし、人目に付かない。
今まで人づてで注文を受けていたが、それじゃ注文滅多に来ないよ。
生産が安定できる環境が揃いつつあるのだから、
マーケットも注文を多く取れる環境に持って行かなくては。

軽い頭で考えたら、シブランには港があって、それを利用しない手はないよね。
港は人の通り道だから、それに市場が近くて人が交差する恰好のマーケットポイントだよ。
でもどうやって?
資金もないのに。
何とかならないかな~。


などなど考えてたら、頭パンク。

「全くの無の状態から、波に乗るまで」って、すごーく難しいんですよね。
マニュアルあるわけじゃないし、私こっちのシステムよく分からないし。
見えていないことが、うんとあるわけで・・・。
氷山の一角だけ見て、物事を提案したり、決めたりするのって、
そのことに責任を持たなくてはいけないし、リスクも大きい。

まぁそこまでやるのが私の仕事なのかと疑問には思うんだけど、
見えちゃったんだもんねぇ・・・・
考えてあげなきゃいけないよあぁ。


後任どうするかという問題も、時間が迫っていて。
後任そりゃあげたいと思いますよ。
新しい製品が出来てきて、なんか可能性があるかもって感じだし。
でも。
その可能性って、ぎりぎりな気がするんです。
むしろ、ぎりぎりにも達していないかも。

そんな事が私に見えていて、後任を呼んだら、
後任に対して、呼んだ責任が私にあると思うんです。
「何でこんなところに要請をあげた!」と配属機関を恨んだ私のように。
組合にも、役場にも、バランガイに対しても私にも、
ボランティアを送り込む責任があると思う。
そこまでにやる気を持っていない彼らに、
ボランティアを受け入れる覚悟を与えなくちゃならん。
発展したらラッキーぐらいに思っている彼らに、
毎日付き合わなくちゃいけない、引っ掻き回されなきゃいけない覚悟を
持ってもらってから、その決断をしなくちゃいけないなぁと。


以上、まっちゃんの長いぼやきでした。
[PR]



by rmutts | 2009-10-30 21:16

お宝ザックザク

日本から送った荷物がやっと届く。
台風の影響で予定の二倍ほどかかった。
流石に遅すぎて、あぁ箱無くなったな・・・と諦めていた矢先。

BALIK BAYAN BOXは日本から一万円程度で、
かなり大きな箱が送れる、しかも重量無制限なのだ。
フィリピン限定です。しかもフィリピンから日本はなし。

本などの重いもの、かさばるものをとにかく詰めたけど、
それでもかなり空いていたので、スーパーへダッシュして
食材を買いあさり、重量無制限に甘えて米まで入れた。
だって家までドアTOドアで届くんですもん。
そこまで必要でもないものまで、入れてみた。

出国前日にその作業をばたばたやっていたので、
何を入れたかなんてすっかり忘れており。
空けてみたら、もうそりゃ、お宝ザックザク。

わかめにひじき、カルピス、日本酒・・・
何より、本!雑誌!水どうDVD!
到着予定が延びたために、ウレシさもひとしおです。
[PR]



by rmutts | 2009-10-29 17:28

そろそろ二ヶ月です

雨季終わったんでしょうかね。
午前中からうだる暑さ。
水汲みとか草取りすると、帽子かぶっていてもクラッとします。
日射病ですか?
作業場は水も電気ないので、
水は毎日運ばねばならぬし、文明の道具はなし。
そんなに動かなくても一日いると疲れる。
運動した疲れとは違って、爽快感のない疲れ。
故に、睡眠時間がやたらと長い。

もくもく作業をしてます。
思いついたアイディアを、陶工たちに提案して、
サンプル作ってみて、作り方を確立させて。
そんな作業です。

新しいことを考える時は、
「すぐ形になって、かつ簡単に出来、見栄えがいいもの」でないと、
やる気と継続性がないので、それが重要なポイント。


「作ってみて」とは簡単に言うが、
ココでは道具がない。マジでないの。
試しで作るという作業に道具をいちいち揃えてられない。
陶芸の道具なんて手に入らないから、代用できるものを探す頭になっている。

ボロ布、ギターの切れた線、下敷き、枕のスポンジ、
石、竹、ビーサンのかけら、タコ糸、買い物袋・・・つまり、
そこらへんに落ちているものでも捨てるものでも
どうにか使ってみたらそれで出来ることもある。
そんでもって、それなら消耗しても、予算なくても手に入る。
つまり、継続性がある。
継続性があるかどうかはすごく重要なことなのです。




一つ思った。
親から子へはどんな状況でも絶対に近いけど、
子から親への想いは貧乏であるほど強い。
生活に余裕があると(先進国は)、自分の欲が強くて、
子どもは親孝行を見失いがちだと思う。私がそう。
子供の頃に貧乏経験したら、感受性の強い子供には大きいだろな。
母ちゃんと父ちゃんが、
自分のために何とか今日食わせてやろうと働いてたら、
そりゃ親孝行なんて言葉の発想もしないくらいに、
自然と親に感謝を想うよなぁ。
でも、すごい明るいんだよね。
日本に貧乏はない。
[PR]



by rmutts | 2009-10-27 19:11

晴れ女になった?

最強の雨女な私ですが。

最近、晴れ女に転じてきた気がする。

フィリピンに来てから、こちらは雨季で毎日毎日嫌というほど雨。

日本の梅雨みたいにどんよりした感じでもなく、
カッと晴れて、ザバッと雨の繰り返し。
夜中はまぁよく降ります。

じゃ、雨女じゃないか!と言われそうですが。

私が洗濯すると晴れるんです。
こんな雨季なのに、爽やかに乾いてくれます。



夜中の雨について。
夜中の雨は、優しい。
だって、TVの音も、どこかのカラオケの重低音もザーっと消してくれる。
自然の音なら安眠できる。
っていうか、夜中はカラオケしないでほしい・・・・
[PR]



by rmutts | 2009-10-14 21:08

無理はしない

こんばんは。
デング熱の影響で湿疹が体中に出来て、かゆいです。
特に顔と耳がかゆい。



蚊帳を付けました。
アパート暮らしの時、蚊帳は暑かったのではずした。
でも今は、家の風通しが良すぎるので蚊帳があってちょうどいい。

蚊帳をつける前は、ベープマットを頭と足元に二ヶ所、
虫除けスプレーを手足顔に塗って、
更にフマキラーをシューっとして寝た。
それでも蚊に刺された。

蚊に刺されると、恐ろしきデング熱になるので、
もう暑いとか言ってられないと思って、蚊帳を付けました。
デング熱、近所の子が同時期にいたので、絶対に家で刺されたもの。

蚊帳を付けたら意外にも快適。この家、風通しが良すぎるからね。
ほら、屋根がニパ(葉っぱ)だから、
強い風吹くといろんなものが落ちてくるんだよね。
それ防ぐのにもちょうど良いんだ。

それでも、
ベープマットは二箇所です。
しかも、夕方と寝る前、計4枚です。





ご飯。
毎食、フィリピン料理はきつい。
おいしいよ、おいしいけど、3食はきつい。
たまには、自分の食べたいものが食べたい。

だから、夕飯は自分で自分の分作ろう。
それは、お互いにストレスにならないように。
私が料理を作ってもやっぱり向こうの口に合わない。
シェアをすると、それもまたお互いにストレスになる。
無理はしない。

文化の違いは、慣れでも埋まらない。





ライトを買おう。
明るいやつね。
部屋の電気、裸電球一つ、しかも遠いんだ。

だから、すごい暗い。
夜、部屋で本を読むときは、ヘッドライトで本読んでるんだぜ。
停電でもないのに。
ライトすんげー明るいやつ買うんだから!





シャワーも無理しない。
水シャワー(しかもちょろちょろ)でやってたけど。
断水も多いけど。
寒い日は、お湯を沸かしてシャワー入ります!




前のアパート暮らしなんて甘ちゃんです。
ストレスを貯めぬよう、無理をしない選択をしよう。
生活を苦痛に感じてしまうと、何もかも嫌になるからね。
わがままを言いましょう。
自分だけ、でも良いじゃないか、だって文化が違うんだから。

・・・って言っても、他にもいろいろ無理してるんだなぁ。
でも。仕方ない、ノーチョイス!
シブランにアパートは無い。
[PR]



by rmutts | 2009-10-08 21:47

退院です

血小板数値がかなり下がっていて、
数値はなかなか上がらないものと聞いていたし、
前日に最悪の場合、「輸血」とドクターに
言われたぐらいだったので
まだ入院だろうと思っていたばっかりにびっくりです。

脅威の回復力で、退院となりました。
よかった。

ご心配かけました。

まだまだ肝臓が弱っているのでマニラで休養の後、
任地に戻る予定です。
[PR]



by rmutts | 2009-10-01 13:12

Bahala langとはフィリピンの言葉で「なるようになる」であーる。もうどんなことが起きても松子はびっくりしないぜ!
by rmutts
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

おすすめ

英語学習サイトhttp://www.iknow.co.jp/
フィリピンのニュース
http://www.t-macs.com/
ドマゲッティアウトドアhttp://www.dumagueteoutdoors.com/
一人暮らし料理に大活躍
http://cookpad.com/
大好きなケーキ屋さん
http://la-quena.com/
代々木アートスタジオ
http://www.artstudio-jp.com/


ファン

ブログジャンル

画像一覧